スカイマークのチケットを購入してみよう

skymark4

LCCはますます存在感を放っており、日本就航もすっかりおなじみとなりました。日本はLCCの歴史がまだ始まったばかりです。アジアや他の欧米諸国に比べてLCCの普及が遅かった国でもあります。普及が遅れた理由は「安いものは不安」といった感覚も要因の1つです。確かに安いと不安で、高いと安心感があるという気持ちは理解できます。しかし航空券についてはそもそもの価格設定が高かったことも事実です。

飛行機のサービスは「ちょっと上質なおもてなし」という位置づけでもありました。そのため国内線でもドリンクサービスがあったり、国際線だと機内食サービスもあります。新幹線やバスだとこうしたサービスはありません。自分でお弁当を購入したり、飲み物を持参する必要があります。
LCCですがよいserviceを「普通のサービス」に変更し、その分航空券に反映させているので格安での提供となっています。サービスについても自分でオプション料金を支払えば変更が可能です。この機会にぜひどういったサービスがあるのか、見てみるといいでしょう。

スカイマークについても国内線でおなじみのLCCです。スカイマークは事前の予約でさらに格安な航空券を購入できることもあります。格安のチケットを狙って販売後すぐに購入するといった人もいます。もし格安、それこそ最安値で購入したいのであればバーゲン実施のその日、そのときを狙って購入手続きをしましょう。
スカイマークの購入はHISなど旅行代理店でも扱っていますが、インターネットで自分で予約するといったスタンスが基本となっています。ネットでの買い物は基本的にクレカ利用となります。銀行振込やコンビニ支払いも可能ですが、クレカを1枚用意しておくととても便利です。

では実際にどういったクレジットカードが利用できるのでしょうか。スカイマークではVISAやJCB、MasterCard、セゾンAMEX、Dinersが利用可能です。VISAやJCBについては大抵のカードが適用となることでしょう。
クレカでの支払い条件は分割不可となっています。すべて一括払いです。

自分でスカイマーク 格安 予約をするためには行き先や日程、時間、オプションなどを選択し、購入手続きに進めばOKです。自宅で全て購入手続きを完結することが可能なのも便利と言えます。
購入の際は時間や日付など間違いないよう、何度かチェックすることをおすすめします。もし間違って予約すると格安のチケットの場合は、破棄するしかありません。自分での手配の際はその点も含めて注意が必要です。

15 Words